ムクノキ

 ムクノキは、10月頃に紺色の実がなる、ニレ科の落葉樹です。漢字では「椋の木」、英語では「Aphananthe oriental elm」と書きます。

 ムクノキの実は食べると干し柿のような味がして、甘くて美味しいんだそうです。特に、ムクドリはこの実を好んで食べることから、ムクドリという名前が付いたという説もあります。

 同じニレ科のエノキやケヤキと見た目が似ていますが、葉っぱの表面にザラザラした剛毛が生えているのも特徴です。その葉を乾燥させると紙やすりのように使えるので、昔は木工品や象牙などの工芸品を磨くのにも使われていたそうです。

椋の木
商品カテゴリー: 商品タグ: ,