チャノキ

チャノキは、飲み物として人間の生活に深く根付いている、ツバキ科の常緑樹です。漢字では「茶の木」、英語では「Tea plant」と書きます。

お茶にはいろんな種類がありますが、緑茶・紅茶・烏龍茶・ほうじ茶などは、いずれもこの「チャノキ」から取れる葉っぱで作ります。葉っぱにはカフェインが多く含まれていながら、タンニンが比較的少ないことから、飲用として広まりました。日本には、1191年に中国から渡来したと言われています。

「♪夏も近づく八十八夜」という歌にもある通り、八十八夜の5月初旬頃に、葉を摘む最盛期となります。野生では5m以上になることもあるそうですが、葉を摘み取りやすい、1m前後の高さに剪定して管理されているものがほとんどのようです。

商品カテゴリー: