シダレザクラ

 シダレザクラは、その名の通り枝が大きく上から下に向かって「枝垂れる」のが特徴の、バラ科の落葉樹です。漢字では「枝垂桜」、英語では「weeping cherry」と書きます。

 満開になると、まるで薄紅色の滝のような姿になって魅せてくれます。でもシダレザクラは、エドヒガンの園芸種だというのはあまり知られていない事実です。枝垂れる以外は、エドヒガンと形質がほぼ同じですが、枝が柔らかいので、垂れながら成長していく種類なんだそうです。

 シダレザクラの花は白色度が高いですが、その仲間には、花が紅色のベニシダレや、ベニシダレの花に紫色が少し入ったヤエベニシダレなどの品種もあります。

商品カテゴリー: 商品タグ: ,