セイヨウトチノキ

 セイヨウトチノキは、世界四大街路樹の一つで、4〜6月に白色の花が咲く、マロニエとも呼ばれるトチノキ科の落葉樹です。漢字では「西洋橡の木」、英語では「Horse chestnut」と書きます。セイヨウトチノキの園芸品種に、「ベニバナトチノキ」があります。

 ヨーロッパで街路樹として人気があり、日本には明治の中頃に渡来したと言われています。トチノキのように、栗に似た大きな実ができます。またトチノキにはない特徴として、表面にしわがある葉っぱや、果皮にトゲがある点に違いがあります。

商品カテゴリー: 商品タグ: ,