コナラ

 コナラは、雑木林に多くてどんぐりをたくさん落とす、ブナ科の落葉樹です。漢字では「小楢」と書きます。日本人が、身近な雑木林で見ることの多い親しみ深い木であると言えるでしょう。

 秋には黄色く紅葉もして見る人を楽しませてくれます。その樹液には、カブトムシなどもやってきます。木材としては、燃やす薪として使ったり、炭にしたり、シイタケのほだ木に使われたりもします。

 コナラの見分け方は、どんぐりのおわんの部分が網目模様で、成木の幹は、縦に裂けた白黒の縞模様になるのが特徴です。

小楢
商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,