ネムノキ

 ネムノキは、夜になると葉っぱを閉じて、まるで眠るように見える「就眠運動」をすることから名前が付いたマメ科の落葉樹です。漢字では「合歓木」と書きます。

 柔らかくて細いまつげのような形のピンク色の花が、夕方限定で開花するのも特徴的です。また、さやに入った食べられそうな見た目の実がなります。熱帯起源の木なので、葉っぱがなる春の時期が、他の樹木と比べても遅い方なんだそうです。

商品カテゴリー: