モチノキ

 モチノキは、冬に赤い実をつけ、すじがなくのっぺりとした、丸みのある葉っぱが特徴の、モチノキ科の常緑樹です。漢字では「黐の木」と書きます。名前の由来は、昔樹皮をトリモチにして使っていたことから、名付けられたんだそうです。
 冬の赤い実ではヒイラギやクロガネモチも有名ですが、ヒイラギの葉は縁がかなりギザギザしているのが特徴。モチノキも、少しギザギザが出ることもあるようです。またクロガネモチの葉はモチノキと比べると、幅が広くて大きいのが特徴なので見分けることができます。

商品カテゴリー: