ヌルデ

 ヌルデは、道ばたの斜面などで見ることも多く、人が生活する環境に身近な、ウルシ科の落葉樹です。漢字では「白膠木」、英語では「Chinese sumac」と書きます。

 他のウルシ科の種類と同じく、秋には葉が美しく真っ赤に染まります。ヌルデの若芽や若葉には、アブラムシが寄生して虫こぶができます。この虫こぶにはタンニンが豊富に含まれ、昔は黒色の染料・インクの材料にされてきました。お歯黒の材料としても身近であったそうです。

商品カテゴリー: 商品タグ: ,