日英仏の庭園や広大な温室を有する

 新宿御苑は、世界一乗降客数が多い新宿駅から至近に位置しながら、広さ58.3ha、周囲3.5Kmという広大な敷地を誇る国民公園です。芝生の広場がとても大きく、都心であることを感じさせない空間が広がります。明治時代にできた近代西洋庭園で、現在は環境省の管轄。入園料が200円かかります。約1300本の桜をはじめ様々な樹木や草花が楽しめるほか、温室の植物園もあり、熱帯・亜熱帯の珍しい植物が見られるのもポイントです。

桜の季節は特に賑わう

 浜離宮恩賜庭園は、都立9庭園のうちの1つ。潮の満ち引きによって趣を変える、大きな「汐入の池」を中心とした大名庭園です。汐留から首都高の高架下をくぐると、そこには海辺の広大な自然が広がっています。

 浜離宮恩賜庭園は、都立9庭園のうちの1つ。潮の満ち引きによって趣を変える、大きな「汐入の池」を中心とした大名庭園です。汐留から首都高の高架下をくぐると、そこには海辺の広大な自然が広がっています。

 浜離宮恩賜庭園は、都立9庭園のうちの1つ。潮の満ち引きによって趣を変える、大きな「汐入の池」を中心とした大名庭園です。汐留から首都高の高架下をくぐると、そこには海辺の広大な自然が広がっています。

新宿御苑の夏