人は、有史を通じて植物の恩恵を受けるために品種改良を重ねてきました。日本人になじみ深い桜の品種「ソメイヨシノ」も江戸時代後期に新しく生まれた品種で、「エドヒガンザクラ」と「オオシマザクラ」を掛け合わせてできたと言われています。柑橘系だけを取っても、最近になって多くなった品種にデコポンなどがありますね。